gootの工具整備室

  • はんだこて

⾼温注意!! (こて先にはんだが乗らない)

はんだごては空焚き狀態が続くと酸化してしまいます。

こて先が酸化してしまうことで、はんだが乗りにくくなり、はんだづけ対象へ熱をつたえることもできなくなります。

写真のように表⾯の酸化が過度に進むと、チップリフレッサーやチップリカバリーでは対応できなくなってしまいます。

こて先の酸化を防ぐためには以下の⼆点を注意してください。、

  • 温調タイプのはんだごての場合、350℃以下でなるべく低い温度でしようしてください。特に400℃を超える温度を設定した場合、こて先の酸化が早くなります。
  • こて台に戻すときにこて先をはんだでコーティングします。こて先にはんだメッキを⾏うことで酸化を防ぎ、こて先の寿命を延ばします。

こて先と書きましたが、はんだを加熱する⼯具はすべて同じで、吸取機であるTPシリーズなども同じです。

こて先の酸化を防ぐことで、寿命も作業効率もUPします。

TOPへ戻る