よくあるご質問

絞り込み検索

検索結果

  • カテゴリ:熱加工
  • 用途:
    1. ヒートシーラーHS-300/400のヒーター幅を広げることはできますか。

      幅は決まっていますので、広げることはできません。

        ヒートシーラー HS-300 HS-400
    1. ワッペンの作り方を教えてください。

      YouTubeでフェルトの飾り切りを紹介しています。是非ご覧下さい。

        マークカッター HE-31
    1. ホットナイフHOT-30R/60Rの先端の刃のみ購入できますが。

      先端の刃のみの供給は行っておりません。刃をつり付けている台ごと交換をお願いします。(HOT-30CU/60CU)

    1. ホットナイフHOT-30Rでポリエステルが切れないのですが。

      ポリエステルの融点:260℃の為、温度不足です。HE-110の使用をおすすめします。

    1. ホットナイフHOT-30R/60Rを上手に使えません。

      力で切るのではなく、溶かしながら切ってください。

    1. ホットナイフでアクリル板のカットは可能ですか。

      カット可能ですが、厚みにより切断しにくいものがあります。

    1. ナイロンロープカッターHE-60使用時にこて部から煙りが出てきました。

      初回の使用時に煙がでる事があります。次回からは煙がでませんので、安心してご使用ください。

    1. 専用の作業台・作業マットの扱いはありますか。

      弊社専用の製品の扱いはありません。木板など耐熱性の高いものご使用下さい。(金属板の使用は控えて下さい。熱伝導により作業に支障を及ぼす場合があります。)

    1. ホットカッターHE-20で溶断出来る素材は何でしょうか。

      ナイロン、ビニール、ポリエステル、PET、アクリルなどが溶断できます。

    1. ホットボンド使用時、短くなったスティックはどのようにして押し出せばよいのでしょうか。

      新しいスティックを挿入口から追加して下さい。詳細は台紙に記載しています。

    1. ホットボンドに耐水性、耐光性はありますか。

      耐水性はありません。スティック自体は水に溶解せず撥水しますが、接着部に水が浸透すると剥離する可能性があります。耐光性については紫外線により変色する場合があります。

    1. ホットボンド使用時のオープンタイム、セッティングタイムとは何でしょうか。

      接着剤の用語でオープンタイムは一定時間内に貼り合わせないといけない接着可能な時間。セットタイムは接着不良を起こさないための圧着時間です。

    1. ホットボンドのノズルは交換可能でしょうか。

      HB-80のみノズル交換可能です。ノズルの種類はHB-80N-B/SB/2Dとなります。詳細はカタログをご参照下さい。

    1. 合成皮革は接着可能ですか。

      接着できます。

    1. ホットボンドの効率的な使用方法を教えてください。

      数回使用後、約10秒休ませる。(動きをスムーズにするため)

    1. ホットボンド専用スティックの保管方法を教えて下さい。

      直射日光を避け、40℃以上になる場所で保管しないようにしてください。

    1. ホットボンド専用スティックに発がん性はありますか。

      発がん性はありません。

    1. ホットボンド専用スティツクの成分を教えて下さい。

      EVA系です。(成分はエチレン酢酸ビニル共重合体、炭化水素系樹脂です)

    1. ホットボンドで車のダッシュボードの接着に使用できますか?

      接着可能ですがおすすめしません。真夏日の高温になった際に、溶解/外れる可能性があります。

    1. ホットボンドでアクリル板版・PET・フェノール板の仮止めはできますか。

      接着可能ですが、強度を必要とされる場合は他の接着方法をお試しください。

    1. ホットボンドHBシリーズのスティック融点を教えて下さい。

      HB-40S/100S/200Sシリーズの軟化点:84℃、HB-300S-5KRSは150℃となっております。

TOPへ戻る