よくあるご質問

絞り込み検索

検索結果

  • カテゴリ:はんだこて
  • 用途:
    1. 即熱はんだこてTQ-80/85こて先/ヒーターの供給はできますか。

      消耗部品も全て廃番となっており供給できません。後継機種のTQ-95を購入願います。

        即熱はんだこて TQ-77 TQ-95 TQ-80 TQ-85
    1. 即熱はんだこてTQ-77/95のこて先とヒーターが外れません。外す方法はありますか?

      こて先とヒーターが焼き付いた状態です。少し力を入れ外れないようでしたら、ヒーターも交換をお願いします。

        即熱はんだこて TQ-77 TQ-95 TQ-80 TQ-85
    1. 1mm間隔のピンへのはんだ付けが可能な機種はありますか。

      鉛フリーはんだ対応ステーション(SBこて先併用)をおすすめします。

        ステーション型温調はんだこて RXシリーズ RX-802AS RX-760AS RX-932AS RX-931 RX-931AS
    1. RX-931/931ASの交換用のこて先はまだ購入できますか。

      廃番となりました。

        ステーション型温調はんだこて RXシリーズ RX-802AS RX-760AS RX-932AS RX-931 RX-931AS
    1. RX-760AS/932AS交換用のこて先はまだ購入できますか。

      廃番となりました。

        ステーション型温調はんだこて RXシリーズ RX-802AS RX-760AS RX-932AS RX-931 RX-931AS
    1. 立ち上がりの良いはんだこてはありますか。

      RX-802ASは約6秒で温度立ち上がりします。

        ステーション型温調はんだこて RXシリーズ RX-802AS RX-760AS RX-932AS RX-931 RX-931AS
    1. 250℃以下に設定可能なはんだこてはありますか?

      標準品ですとRX-802AS/852AS/822ASが設定可能です。(内部設定のスリープ温度を“0”にして下さい。)

        ステーション型温調はんだこて RXシリーズ RX-802AS RX-760AS RX-932AS RX-931 RX-931AS
    1. 温度設定を50℃する方法を教えて下さい。

      スリープ温度を0に変更して下さい。設定温度はスリープ温度+50℃まで設定可能となっています。設定の変更方法は取扱説明書をご参照下さい。

        ステーション型温調はんだこて RXシリーズ RX-802AS RX-760AS RX-932AS RX-931 RX-931AS
    1. 実際に使用する際の温度は何℃くらいがよいのでしょうか。

      設定温度は340~360℃を推奨致しますが、作業により温度の調整をお願いします。

        温調はんだこて PX-201
    1. N2濃度を測定する方法はありますか。

      専用のN2濃度測定計が必要となります。

        N2ステーション NC-100R
    1. 低ボルトはんだこてMI-6シリーズはPC-11で使用できるようになりますか。

      PC-11を使用することはできません。

        低ボルトはんだこて MI-6-6V MI-6-12V
    1. 低ボルトはんだこてMI-6シリーズはAC100Vで使用可能でしょうか。

      12V専用のため100Vでは使用できません。

        低ボルトはんだこて MI-6-6V MI-6-12V
    1. KX-30はカタログに掲載していませんが購入可能でしょうか。

      X-1100、X-2000E同梱はんだこてのため単品販売を行っておりません。同等品はKS-30Rになります。

        ニクロムはんだこて KS-40R KS-60R KX-30
    1. KS-60Rで銅板(0.5)と銅線(φ2)のはんだ付けがうまくできません。

      より熱量の大きなはんだこてを使用してください。板金用フラックスの併用をおすすめします。

        ニクロムはんだこて KS-40R KS-60R KX-30
    1. こて先交換しようとしましたが、抜けません。

      焼き付いている可能性があります。ヒーターごと交換してください。

        ニクロムはんだこて KS-40R KS-60R KX-30
    1. 板金用はんだこてHP-200/300で銅管のはんだ付けは可能ですか。

      可能です。板金用フラックスBS-35を併用してください。

        板金用はんだこて HP-200 HP-300
    1. ガス式はんだこてGP-510本体のみ所持しているのですが、その他のケースなどセット品のみ購入できますか。

      申し訳ありませんが、ケースなどの単品販売は行っていません。

    1. ガス式はんだこてGPシリーズで、交換ガスとしてライターのガスは使用できますか。

      専用ガス(GP-20)の推奨します。他のガスでも一時的に使用できますがこて本体の寿命低下になる可能性が高いため推奨できません。

    1. CX-100用のこて先CX-100RTシリーズはCXR-100に使用できますか。

      CX-100とCXR-100のこて先は共用のため使用できます。現在はCXR-100RTシリーズに型式変更しています。

    1. 銅線におすすめのはんだこて/フラックスはありますか。

      はんだこてはKS-60R/80R/100R、BN-80/100などがあります(線径により選定)。フラックス・はんだセットBS-3Aをおすすめします。

        KS-60R,KS-80R,KS-100R,BN-80,BN-100,BS-3
    1. ステンレスの穴埋め補修はできますか。

      小さな穴ははんだ付けで穴埋め可能です。はんだこてはBN-100をおすすめします。フラックス・はんだセットBS-4Aをおすすめします。

    1. 鉛フリーはんだとは。

      有害な鉛を含まない、環境にやさしいはんだです。他のはんだに比べて融点が高いので、W数の高いはんだこてを使用してください。また、鉛フリーはんだを使用することで、こて先寿命が短くなりますので注意してください。

    1. 寿命の長いこて先はありますか。

      当社のレッドチップ、ブラックチップ(鉄メッキこて先)は銅こて先の5〜20倍の寿命(当社比)が確保されたこて先です。対応機種を確認してください。

    1. こて先が変形したり、穴があくのですがなぜですか。

      こて先がはんだに侵食されるからです。こて先は消耗品ですので、新しいこて先に交換してください。

    1. ヤニ入りはんだを板金で使用してもよいですか。

      板金専用のフラックスを併用しないとはんだづけしにくいです。また、フラックスを使用した場合は必ずしっかり洗浄してください。

    1. 電源を入れたときに白い煙が出ましたが大丈夫でしょうか。

      新品の時は、ヒーター内部が加熱されて一時的に煙が出ることがありますが故障ではありません。次回からは出ませんのでご安心ください。

    1. はんだこてのW数は大きい方がよいのでしょうか

      はんだづけする対象物の大きさでW数を選んでください。(はんだこての選び方参照)

    1. こて先が黒くなりはんだがのらなくなったのですが。

      黒いものは酸化膜です。電源を切り、こて先が冷えた状態で目の細かい紙ヤスリで軽くこすって落としてください。酸化膜を出来にくくするために、すぐにこて先にはんだを補充してください。頻繁にこの現象が起きる場合は、チップリフレッサーBS-2 をお使いください。

    1. アルミを接合したいのですが。

      残念ながらはんだづけは出来ません。簡易的な接合方法としては、ろうづけとなります。

    1. 銅パイプのはんだ付け(φ1.0)におすすめのはんだこて/フラックスはありますか。

      はんだこてはBN-80/100をおすすめします。フラックス・はんだセットBS-3Aをおすすめします。

    1. チタンのはんだ付けは可能ですか。

      チタンははんだ付けできない素材です。

    1. 鋳物の溶接は可能ですか

      溶接はできません。

    1. 乾電池へのはんだ付けは可能ですか。

      直接はんだ付けできますが、液漏れ等の危険があるためおすすめしません。市販の乾電池用ソケットをご使用ください。

    1. ピアノ線のはんだ付けは可能ですか。

      可能です。フラックスはんだセットBS-4Aをおすすめします。

        BS-4A
    1. ステンレス−鉄のはんだ付けは可能ですか。

      可能です。蓄熱量の大きなはんだこてを使用し、対象物をしっかりと加熱して下さい。はんだ付け時に対象物の塗装/サビをヤスリで除去してください。ステンレス専用はんだ・フラックスセットのBS-4Aをおすすめします。

        BS-4A
    1. はんだづけが可能な素材を教えてください。

      専用のフラックスが必要な場合がありますが銅、鉄、ステンレス、ブリキ、真鍮等にははんだ付けできます。

    1. ステンレスのはんだ付けがうまくできません。

      はんだ付け対象物に対して、はんだこての熱量が低い可能性があります。蓄熱量の大きなはんだこてを使用し、対象物をしっかりと加熱して下さい。また、はんだ付け時に対象物の塗装/サビをヤスリで除去してください。ステンレス専用はんだ・フラックスセットのBS-4Aをおすすめします。

        BS-4
    1. メッキあるいは塗装された金属をはんだづけしたいのですが。

      メッキ・塗装をはがし金属面を露出する必要があります。塗装/サビをヤスリなどで完全に除去してください。板金のはんだ付けには板金専用はんだ・フラックスセットBS-3Aをおすすめします。

        BS-3A
TOPへ戻る